ムラサメ研究ブログ

主にゲームやプログラミングのログ

UNITYシェーダ研究 複数ライトの影響

コード
https://github.com/YukiMiyatake/UnityLesson/tree/Shader_6

前回まで

前回はAmbientも入れて だいたいライティング出来た
ただ、複数ライトを置いても1つ目のライトの影響しか受けない
ので、複数ライトの影響をうけるようにする

ライトの強さ

複数ライト対応するまえに、今までのライトではライトカラーの影響はうけるが
ライトの強さの影響が入っていないので追加する

ライトの種類により減衰しないライト(DirectionalLightなど)と 減衰するライト(PointLight等)があり
それらをまとめて計算するマクロが存在するので それを使う

AutoLight.cginc をIncludeし、LIGHT_ATTENUATION(i) でライトの強さが取得できる iはピクセルデータ

それをライトカラーに乗算することで、強さを反映したライト色が計算できる

float3 lightCol = _LightColor0.rgb * LIGHT_ATTENUATION(i);

ライトカラーは、ディフューズとスペキュラに影響するので、それぞれに乗算する

float3 diffuse = (NdotL*0.5 + 0.5) * lightCol;

float3 specular = pow(max(0.0, dot(H, N)), _Spec1Power) *  _Spec1Color.xyz * lightCol;  // Half vector

複数ライトに対応

UNITYでは、キャラに最も影響の強いライトは LightMode=ForwardBaseで計算するが
その他のライトは LightMode=ForwardAddで入ってくる
ので、ForwardAddのパスを増やせばいい

シェーダーの中身は 今回はほぼ、ForwardBaseのものをコピーする
ただし、Ambientは1回しか計算してはいけないので ForwardAddでは計算行わない事と
BlendModeを One Oneなどにしなければ、合成されない

BlendMode設定なし
f:id:murasame-labo:20170924035237p:plain

メインライトのみ
f:id:murasame-labo:20170924035250p:plain

ライト2個(赤ライト追加)
f:id:murasame-labo:20170924035334p:plain()

複数ライトが反映されるようになった