Golang再び

Golangの仕事再び
不満点はいっぱいあるけど、今の主流言語のひとつであることは間違いない Golang
仕事の内容は詳しくは書けないが、暗号化とセキュリティが重要な巨大基盤
OpenStackで作ったインフラ上で動かす

前のプロジェクトでGolandを購入したので、Golandを使うことにした
今回はいいデスクトップPCを買ったので、Windowsメインで開発を行うが
1年前とはちがい、今のところGolangWindowsで出来なかった問題が解決した

Goのバージョンアップ

インストールしていたGoが古いので最新に上げた
というのも、下記のGomodulesを使う必要があるので、必須であった
Chocolatey を使えば管理が楽そうだが、今回は普通にインストールをした
単純にインストーラー起動してうわがきすればよい

ちなみに Chocolatey使ったインストールは下記に

qiita.com

go modules

Go11にExperimentalで入った機能のようだ
Go11では機能をONにするために環境変数必要だが、Go12では不要

qiita.com

いままでのGoで不満だった、GOROOT以下にソースファイルを置く必要があったやつ
ライブラリのバージョン依存の解決のために venderディレクトリ使ってほげほげ してた
そういった問題を解決してくれるものだ
設定ファイルに モジュールのパスをエイリアス指定したりできる
ローカルパッケージの名前解決にも使える
おそらく go modulesを使えば、私のGoに対するイライラの少しが解決する

Goland設定

Lintなどを設定する

qiita.com

ここを見ればすぐに出来た。みなさんの知識ありがたい