ムラサメ研究ブログ

主にゲームやプログラミングのログ

阿里山vs梨山

阿里山梨山。どちらも日本人には人気の 高級高山茶です 今回は2つの山の 青心烏龍種のお茶の飲み比べ

左 X-005阿里山  右 X-007 梨山 どちらも原価 100g1000円。日本だと30-50gで2500円ぐらい。 とっても高級なお茶です

見た目で違いがあります 阿里山のほうが少し焙煎が強いですね 茶葉の大きさは大体同じそう

淹れたときも一目瞭然 阿里山のほうが焙煎が強いため濃い水色です

味も当然 阿里山のほうが焙煎が強く香ばしい味 梨山のほうは 甘み旨みが強く緑茶に近い味わいです

どちらが好きかはお好みですが 梨山のほうがアイスには合いそうですね 7杯ぐらいまではおいしく飲めます

阿里山はだいたい標高1500メートルあたりでお茶が作られます 梨山はもう少し高く 1700メートル付近

梨山台中市の福壽のものです。梨山でも人気の茶園ですね 阿里山は嘉儀懸の樟樹湖。これも阿里山のなかでは最も有名な茶園ですね